大胸筋下法でバストアップ|肌トラブルでできたクマはPRP皮膚再生療法で治すのが効果的

肌トラブルでできたクマはPRP皮膚再生療法で治すのが効果的

女の人

大胸筋下法でバストアップ

バスト

拘縮を予防するには

美容外科で受けられる豊胸手術には色々な術式がありますが、その中でも特にバストのサイズを大きくアップできる「バッグ挿入法」人気の術式です。バッグ挿入法は人工シリコンをバストに挿入する事で、バストアップできる豊胸手術で、大きいサイズのシリコンを選べば2カップ以上バストは大きくなります。また、シリコンを挿入する部位によっても、色々な術式があり「大胸筋下法」は大胸筋という筋肉の下にシリコンを入れるのが特徴です。大胸筋下法は筋肉の下にシリコンが入るので、シリコンの形が出にくいというメリットがあります。ただし、場合によってカプセル拘縮という、バストが固くなってしまう後遺症を起こす危険性があるので、この点は注意しましょう。カプセル拘縮を出来るだけ予防するには、マッサージをしっかり行う、表面にざらつきがあるテクスチャードタイプのシリコンを選ぶといった方法がおすすめです。

痩せている方におすすめ

バッグ挿入法はシリコンをバストに挿入し、バストアップ効果を得られる豊胸手術です。ただ、同じバッグ挿入法であっても、痩せ型という方の場合は術式を選ばなければいけません。元々、バストの脂肪が少なく乳腺の発達が少ない痩せている体型の場合、バストにシリコンを入れるとシリコンの輪郭が出てしまう恐れがあります。ですので、痩せ型という方はバッグ挿入法でも、大胸筋下法という術式を検討してみましょう。大胸筋下法とは大胸筋の下にシリコンを入れる術式で、痩せ型の方でもキレイにバストアップ出来る点が魅力です。筋肉によって入れたシリコンが分かり難くなるので、豊胸手術を受けた事が分からないくらい、自然なバストに仕上がります。